アルコールフリー

肌荒れはアルコールが原因の可能性も

肌荒れがなかなか治らないという人は、もしかしたら化粧品の中に含まれているアルコールが原因の可能性もあります。これが原因で肌荒れを引き起こしてしまうのです。人によってはアルコールに対して過剰に皮膚にアレルギー反応が出ることもあります。
そうなると、湿疹が出てくるようなこともあるのです。
皮膚がかぶれたりして症状は軽度から重度まで様々ですから、自分の症状に対して慎重に見ておく必要があります。

化粧水の場合

肌荒れを気にする女性

化粧水にはエタノールとして、アルコールが配合されているケースが多いです。化粧品が腐らないように配合されてあるのですが、成分の効能を引きだすためにエタノールを入れているのです。
中にはアルコールフリーの化粧水もありますが、しっかりと肌への効果を与えるため、アルコールは無くてはならないという考えが強いようです。でも使用をしていて肌が荒れてしまったら意味が無いことになります。
もしそうなった場合には、すぐに使用を中止し皮膚科などに診察に行くことが必要です。そこでアレルギーのチェックをしてもらうことも、必要ではないでしょうか。アレルギーのテストをすることが出来れば、自分が今後どうしていけば良いのかも分かるはずです。

Copyright© 2015 無添加化粧品選ぶなら知っておきたい「6(six)free」 All Rights Reserved.