創業融資を受けるための手順や条件は?

2015-11-21

創業融資

無添加化粧品について知識や情報を得ることは、自分自身を助けることと同じように、起業に関する創業融資についての知識や情報を得ることはあなたを助けることになります。

知らないでいるよりも、知っていたということがあなたの起業を救うことに繋がると思います。

起業を考えている方、考えているけど、融資を受けたいと思っている方、ぜひこちらを参考にして下さい。

創業融資に関する手順や条件など詳しく解説します。

 

創業時の資金調達法の1つ、創業融資

独立や開業など、一番頭を悩ませるのは資金の問題だと思います。
そんな時の資金調達法として、創業融資を利用する方法があります。

創業融資とは、公的機関からの資金調達方で、日本政策金融公庫(日本公庫)または、都道府県、市町村などにおける制度融資の2つの方法があります。

 

創業融資は実行までが1ヶ月とスピーディー!

創業融資のメリットは、積極的に起業家に対して融資してくれるところにあります。

銀行などの一般の金融機関は、貸し倒れリスクを考え消極的なのに対し、創業融資では成長性を重視して融資してくれます。
また、日本政策金融公庫の場合、最大3000万円を無担保無保証の場合もあり、さらには連帯保証人の署名も不要での融資が可能となっています。
さらに、融資実行までが1ヶ月程度とスピーディーなので、事業展開もスムーズに行えます。

ただ、デメリットとしては、日本政策金融公庫の方が、自治体の制度融資に比べ、若干金利が高いといった点があります。

 

池袋で実力NO.1!創業融資に関する相談はぜひこちらへ

http://www.paton-l.com/servicelist/foundation_support/

創業融資

創業融資を受けられるのは、10人中1~2人程度!こちらでは300万円~2000万円まで実際に創業融資を獲得した実績があります。

 

 

創業融資を受けるための必要書類など

日本政策金融公庫の創業融資を受けるためには、まず、必要書類を準備するところから始まります。

創業計画書や資金繰り表、設備資金を申し込む時にはその見積書、さらに担保を希望の場合は、登記簿謄本などといった書類が必要になります。
中でも、事業初年度の売り上げと費用が書かれた創業計画書が最も重要となります。

これらの書類共に融資を申し込んだ後、面談や現地調査を経て、融資が決定されれば契約、そして融資実行となります。

 

自分で創業融資を受けるのは難しいと言う方には委託することも出来ます

創業融資を申し込む上で、全てを完璧にこなすのはかなり大変なことです。
その際には、創業融資のサポートサービスを行っている事業所を利用するのがいいでしょう。

こうした事務所では、税理士・社会保険労務士・司法書士・行政書士といった士業のプロ集団が全面的なサポートをしてくれます。
実績や経験の豊富な事務所に依頼するのがいいでしょう。

 

創業融資を委託することに不安を覚える方へ

もしかすると、創業融資のサポートサービス利用したいが、料金面が不安だと思うかもしれません。ですがその点は安心して下さい。
料金は明瞭会計となっています。
例えば、事業所計画費用作成は30000円のみといった感じです。予め金額が決まっているので、安心して利用できます。

Copyright© 2015 無添加化粧品選ぶなら知っておきたい「6(six)free」 All Rights Reserved.