パラベンフリー

パラベンについて

シャンプーする女性

バラペンというのは、化粧品などによく使用されている化学保存料のことです。使用例としては、シャンプーや保湿液、そしてクレンジングジェルやせっけん、シェービングクリームなど様々です。最も広く用いられているパラベンは、メチルパラベン、プロピルパラベン、プチルパラベンです。
企業では増え椅子クリームなどの製品の有効保存期間を延すためや、バクテリアや菌の繁殖を防ぐために、パラベンを使っています。でもこのパラベンは人体に悪い影響を与える可能性があると、専門家は言っているのです。

 

パラベンが危険かどうか

化学物質の調査イメージ

パラベンは、様々な研究をされていて安全か危険かということを、研究し続けています。パラベンは潜在的に危険なもので、がんに関連するという研究が存在しているのです。そう考えると、今まで普通に使っていたことが少し怖くなるということもあるのではないでしょうか。
パラベンがどこまで危険なのかということは、はっきりと立証されていることではありませんが、危険であるという結果が出ているのは事実です。ということは出来れば配合されていない化粧品を使った方が良いということになります。
不安感を持ちながら使用するよりは良いかもしれません。

Copyright© 2015 無添加化粧品選ぶなら知っておきたい「6(six)free」 All Rights Reserved.