合成界面活性剤フリー

合成界面活性剤を御存じですか?

メイクを落とす女性

6freeの最初の1つは「合成界面活性剤」です。これは水と油のように本来は混ざることが出来ないものを混ぜるために使うものです。この働きをするものに、レシチンやサポニン、リン脂質やペプチドなどの天然のものがあり、これらが化粧品のクリームなどに使用されているのです。
そしてこれらがメイク落としにも配合されています。普通のメイク落としでは落とせないメイクも、合成界面活性剤が配合されているメイク落としなら、落とすことが出来るのです。それがこの成分のメリットと言えるでしょう。

 

合成界面活性剤のデメリットとは?

外からの刺激から肌を守って、異物の新入を防ぐので、皮脂膜と角質層がバリア機能を果たしているのです。このバリア機能が破壊されることにより、肌が乾燥したり敏感になってしまうということがあります。
こうなってくると、肌には様々なトラブルが起こるようになってしまうのです。その大事な肌のバリアをゆるめたり溶かしてしまうという性質が合成界面活性剤にはあるのです。といことが、合成界面活性剤が配合されている化粧品を使用することのデメリットと言えるでしょう。
使い続けることにより、アレルギーを引き起こすというリスクもありますので、慎重に使用をする必要があります。

Copyright© 2015 無添加化粧品選ぶなら知っておきたい「6(six)free」 All Rights Reserved.